Trip

マクリッチ貯水池公園から恐怖の吊り橋までのネイチャートレッキング体験

北緯1度に位置するシンガポールは熱帯雨林地方に属しています。シンガポールの市街には大きな樹木が立ち並んでいますが、大都会のシンガポールにも「熱帯雨林のジャングルがある」と聞き、その存在を確かめてきました。今回は、マクリッチ貯水池公園(MacRitchie Park)にあるTreeTop Walk という吊り橋をご紹介します。

TreeTop Walk に行くには、マクリッチ貯水池公園の駐車場もしくはヴィーナス・ドライブ(Venus Drive) から歩き始めます。今回はマクリッチ貯水池公園の駐車場からスタートしました。最寄り駅は MRTサークルライン(黄色)のメリーマウント(Marymount)駅で、マクリッチ貯水池公園までは徒歩15分強、バスでは5分ほどかかります。

マクリッチ貯水池公園の駐車場からTreeTop Walkを目指す

マクリッチ貯水池公園

トレッキングコースの途中に自動販売機などはありません。水を持ってくるのを忘れた場合は、出発前に公園内の「Mushroom Cafe」で入手しておきましょう。

TreeTop Walkまでは5キロメートル。分岐点には必ず案内板があるので道に迷うことはありません。

マクリッチ貯水池公園

まずは、公園内の整備された道を進んでいきます。

マクリッチ貯水池公園

まもなくすると、左手に大きな貯水池が見えてきます。カヌーを楽しんでいる人もたくさんいました。

マクリッチ貯水池公園

左手に見えるジャングルに突入するため、この奥の突き当たりまで歩きます。歩きやすい、なだらかな道が続きます。

マクリッチ貯水池のサル

あ、サルだ!と思ったら、

マクリッチ貯水池公園の猿

直前を歩いていたグループがサルに狙われ、飛びつかれ、ビニール袋を取られてしまいました。「ビニール袋は狙われるから注意」と警告を受けていたので、自分はセーフでしたが、まさかすぐ目の前で目撃してしまうとは!注意が必要です。

マクリッチ貯水池公園の猿

ちっちゃなおサルさんも、何か食べています。尻尾が長いこのサルは、親子4〜5匹で行動していました。食べ物らしきものを持っていなければ、完全に無視されます。カバンをゴソゴソするだけで襲われる場合もあるそうなので、サルを見かけたら「かわいい!」なんて思わずに、十分に気をつけてください。

Treetop Walkへ

さて、突き当たりに到着したのでジャングルの中に入っていきます。TreeTop Walkまでは残り4.3キロ。サルに気をとられ、ここまではあっという間に到着。

TreeTop Walkへ

ゼロキロ地点。

TreeTop Walkへ

舗装はされていませんが、整備された山道が続きます。この日は曇りだったこともありますが、厚い樹木に覆われて直射日光を浴びることはありませんでした。湿度は高く、気温も高いです。

TreeTop Walkへ

特に変わったこともなく、黙々と歩いて1.5キロ地点。多少のアップダウンはありますが、苦しい上り坂はありません。

TreeTop Walkへ

しばらくすると分岐点に到着します。

TreeTop Walkへ

あっという間に残り1.3キロです。

TreeTop Walkへ

「バス停」がマクリッチ貯水地公園への入り口で、「スタート地点」からジャングルに入りました。「You are Here」から右側に延びる道がありますが、その先がヴィーナス・ドライブです。

TreeTop Walkへ ぬかるんだ道

前日雨が降ったこともあり地面は湿っていました。たまに大きな水たまりとぬかるみに遭遇します。シンガポールは雨が多いので、湿っている日が多いのではないでしょうか。

スニーカーで十分な道のりですが、ぬかるんだ道は滑るのでトレッキングシューズがあってもよいかなと思います。また、ビーチサンダルのような薄っぺらいサンダルを履いた人がいましたが、滑るし、泥だらけになるし、石や枝も多いので危険です。

足元は泥がはねるので足首周りがドロまみれになり、靴に砂利が少しずつたまっていきました。

TreeTop Walkへ

急に車が通れる舗装道路に出ます。「TreeTop Walk」の案内板がある方向に迷わず進んでいきましょう。

TreeTop Walkへ

「You are Here」から上方向に向かって歩いていきます。吊り橋は一方通行です。時計回りに進むと橋が渡れませんのでご注意を。この後、吊り橋の手前まで急な坂道が続きます。

猿に注意

ところどころに、生息している動植物の説明板が設置されています。あのサルです。笑顔で近づくと危険などと書いてあります。通称「Long-tailed Macaque」というそうです。Macaque(マカク)は、マカク属の猿のことで、日本語ではカニクイザルという名前です。

2〜3メートルは常に離れるようにしましょう

TreeTop Walk に到着。いよいよ吊り橋を渡ります

TreeTop Walk

さあ、いよいよ吊り橋の入り口に到着しました。ジャングルの入り口から1時間ほどかかりました。吊り橋を渡ることができる時間は決まっているので、事前に確認しておきましょう。月曜日はお休みです。

TreeTop Walk

まずは階段を下っていきます。

吊り橋入り口

吊り橋が見えてきました。守衛さんのいる小屋を通り抜けて進みます。※料金はかかりません。

TreeTop Walk

ついに吊り橋に足を踏みいれます。あ、あそこに見えるのは、、、

TreeTop Walkの猿

サル!!吊り橋の幅が0.8メートルなので、2〜3メートルも離れられない!接近してしまいます。(こっち見てる…!)

TreeTop Walkの猿

食べ物を持っていないので、あっさりスルー。何もしなければ、基本的に危険はないようです。

TreeTop Walk

吊り橋は、意外と長く、全長250メートル、高さは一番高いところで25メートルあります。うっそうと熱帯雨林の樹木が茂っています。

TreeTop Walk

下は見えないので、あまり高さは感じませんでした。

TreeTop Walk

遠くに水辺が見えます。アッパーパース貯水池(Upper Peirce Reservoir)でしょうか。

TreeTop Walk

中間地点。思ったより長い! 頑丈な造りの吊り橋ですが結構揺れます。だんだんと足がすくんできました。

TreeTop Walk

足元も下が見えるようにはなっていますが、足を踏み外すようなことはありません。

TreeTop Walk は一方通行

ようやく渡り終えた出口地点。一方通行ということが書いてあります。

マクリッチ貯水池をぐるりと一周。帰り道、あと5.4キロ

TreeTop Walk

帰り道は、しばらくこのような道が続きます。足元が滑らず、ドロドロにならないのでサクサク進めます。

TreeTop Walk

さて、分岐点です。「Venus Drive Carpark」に進むと、地図の右上の地点がゴールとなりバスに乗って帰れます。来た道を戻って、マクリッチ貯水池の駐車場に行くには、左側の4.9キロ。でもなぜか、もう少し歩きたいなと魔が差して「マクリッチ貯水池駐車場 via ゴルフリンク」5.4キロを選択してしまいました。

Jelutong Tower

Jelutong Tower。7つの階層に分かれた塔で階段を昇ります。。体力を温存するために今回は昇らず先に進みました。マクリッチ貯水池公園

しばらくすると、少し開けた場所にでます。シンガポールの都心まで車で15分程のところにいるなんて信じられません。

マクリッチ貯水池公園

さらに進むと、水辺にでます。道を外れると湿地帯でぬかるんでいるので注意です。

マクリッチ貯水池公園

ゴルフ場の近くまで来ました。遠くにビルが見えて、やっぱりシンガポールにいるんだと実感。

マクリッチ貯水池公園

その後もアップダウンはないものの、このような山道が続きます。

マクリッチ貯水池公園

大分、駐車場に近づいてきました。しばらく、水の辺りを進んでいきます。小ぶりの雨が降ってきましたが、木の下を歩いていたので濡れませんでした。

マクリッチ貯水池公園

帰り道の5キロメートルは、ぬかるみ道、ジャングル道、水辺とバリエーションがあって飽きないのですが、意外と距離はあり、歩いても歩いてもなかなか目的地にたどり着かない、という長い道のりでした。

ぬかるみで滑らないようにと足が緊張していたことも疲れを増しました。やっと公園らしきところに出て一安心です。

マクリッチ貯水池公園

と思ったら、最後にジグザグ橋があって、早く先に進みたいのに、ジグザグしないと進めません。ちょっとしたジレンマです。この先は、数百メートルで公園の入り口に到着。ゴールです!

今回のルートはこちら。約12キロの道程でした!

マクリッチ貯水池公園への行き方とTreeTop Walkのオープン時間

マクリッチ貯水池公園

最寄り駅:MRT サークルラインコールデコット(Caldecott)駅、またはメリーマウント(Marymount)駅
バス:52、74、93、157、130、132、156、157、162、162M、165、166、167、852、855、980

ヴィーナスパーク

バス:132、163、165、166、167、855、980

Webサイト

マクリッチ貯水池公園:
https://www.nparks.gov.sg/gardens-parks-and-nature/parks-and-nature-reserves/macritchie-reservoir-park

TreeTop Walk:
https://www.nparks.gov.sg/gardens-parks-and-nature/parks-and-nature-reserves/central-catchment-nature-reserve/treetop-walk

まとめ

  • 十分な水分を
  • サルに注意!(ビニール袋が狙われます)
  • 歩きやすい服装と靴で(足元がすべります)
  • 雨具も忘れずに

今回は、サルの他にリスもいましたが、写真に撮れませんでした。オオトカゲやカメ、珍しい植物に遭遇できなかったので再挑戦したいと思います!


Eメール購読

Singapore S Journal の新着記事やシンガポールのお得な情報をメールで配信します