シンガポールの天気
Culture

赤道直下のシンガポールの天気をチェック!紫外線とスコールに注意

シンガポールは赤道直下、北緯1度に位置する常夏の国です。文字どおり1年を通して高温で多湿、季節を問わず突然降り出すスコール。毎日同じで単調に感じるときもありますが、年中夏服でOK!折りたたみ傘をカバンにいれておけばOK!です。日本では天気予報を毎日チェックしていたのに、シンガポールでは全く確認しなくなりました。

強い雨風をともなうスコールには要注意!

シンガポールの天気予報

シンガポールの天気予報をチェックすると、毎日のように「雷雨」となっているときがあります。毎日雨の予報でも、日本のように1日中雨が降り続けることはありません。その代わり、突然やってくるスコールは、強い風と激しい雨がともないます。午前も午後も雨の日は、「今日はめずらしく雨が止まないね」といった声が聞こえてきます。

シンガポールと赤道

シンガポールにも、雨季(おおよそ10月〜3月)と乾季(おおよそ4月〜9月)があります。雨季になっても雨が降り続くことはありませんが、曇りの日が多くなり気温が下がって過ごしやすくなります。といっても日中は30度を越えるし、最低気温が25度を下回る日は稀です。

シンガポールに来たばかりの頃、最低気温が23〜24度くらいの日が続いて「シンガポールも雨季は涼しくなるんだ!」と喜んでいたところ、「こんなに気温が低いなんて珍しい。風邪を引いてしまうよ」と返ってきて驚きました。

シンガポール スコール

空が突然黒い雲で覆われて、風邪が強くなってきたらスコールが降る兆候です。スコールは1〜2時間ほどで止みますが、一瞬でずぶ濡れになってしまいます。「傘があってもなくても同じ、どうせ濡れる」と言う人もいますが、頭やカバンだけでも傘で守ることができると大分違います。突然のスコールに備えて、折りたたみ傘は常に持ち歩くことをおすすめします。

傘を持っていなくても、シンガポールの建物はひさしが深く雨宿りできる造りになっているので、すぐに避難場所が見つかります。地下道や屋根付きの歩道橋も至るところにあります。強風をともなうスコールの場合は、雨が横から降ってきて濡れてしまうので屋内で雨を止むのを待ちましょう。

雨が降るとタクシーが全然捕まらなくなります。シェアリングサービスのUberやGrabの金額もどんどん上昇します。車に水をかけられて肩から下がずぶ濡れになったことがあります。一部のドライバーは、雨でもスピードを落とさないので十分注意してください。

その時、着替えに一度家に戻ったために待ち合わせに遅刻してしまいました。丁重に謝ると「雨が降ったからしょうがないよ。みんな遅れてくるよ」と言われました。もちろん遅刻は許されることではありませんが、「雨が降ったら遅れる」というのは共通認識のようです。

日中の強い日差しで体感温度は40度!屋内は凍える寒さ

UVインデックス

気温は、雨季は最高気温が30度前後、乾季は35度前後で、特に乾季の中頃(6月〜8月)は日差しが強くいっそう暑く感じます。乾季の体感温度は40度を超えることもあります。ジリジリと皮膚が焼けるように日射しが強くなるので、紫外線対策もしっかり行いましょう。

【参考記事】シンガポールの紫外線量は世界第2位!日本の「UV対策・美白ケア」の違いとは?
【便利アプリ】紫外線量やヘイズのPSI指数の最新情報をチェックできる「myNEV」

シンガポールのオフィス、ホテル、ショッピングモールは18度〜20度くらいで凍えるほどに冷えています。冷房対策のためにジャケットや上着は欠かせません。オフィスではフリースや薄手のダウンジャケットを着ている人もいます。特に映画館は冷房が効いていて、冷房の寒さに強いシンガポール人でも「寒い」と言うほどです。


Eメール購読

Singapore S Journal の新着記事やシンガポールのお得な情報をメールで配信します