マーライオンとマリーナベイサンズ
Trip

シンガポールの7つのマーライオンはどこにある?MRTでの行き方は

「世界三大ガッカリ名所」として有名なシンガポールのマーライオン。

マリーナベイサンズを見渡せる広々としたエリアにあって、いつも観光客に囲まれています。1972年に完成したマーライオンですが、実は2002年に今の場所に移転してきました。以前は、エスプラネード橋の向こう側にあり、桟橋もないため後ろ姿しか見ることができず、評判どおりのガッカリな姿だったそうです。

「ガッカリと言われているけど一回は見ておこう」と思う方も多いのではないでしょうか。私もその1人でした。しかし、実物を見てみると真っ白で勢いよく水を吐く堂々とした姿にいつの間にか魅了されていたのです。

調べれば、シンガポールには全部で7つの公式マーライオンが存在しているとのこと。その公認マーライオンとは、こんなところにいます。

  1. マリーナ・ベイのマーライオン公園(一番有名)
  2. 1のすぐ後ろ(小マーライオン)
  3. シンガポール観光庁
  4. マウント・フェーバーの山頂
  5. セントーサ島のマーライオンタワー
  6. アンモキオ(双子マーライオン)

全部で7体です。これを1日で回るとどのくらい時間がかかるのか。MRTと徒歩のみで行ってきました。各マーライオンの実態と行き方をご案内します。

少し涼しい時期とは言え、毎日真夏のシンガポール。正直、辛い場面もありました。もし挑戦したいという方は、日焼け止め、傘(雨具)、虫除け、水、帽子や日傘を忘れずに持っていってくださいね。

まずはマリーナベイのマーライオンからスタートです!

マリーナベイの世界的に有名なマーライオン

今日はMRTサークルラインのエスプラネード(Esplanade)方面からマーライオン公園に接近します。

エスプラネードから見るマーライオン

小さく見てきました。今日も人気者!たくさんの人でにぎわっています。さらに近寄ると、、

汚れたマーライオン公園のマーライオン

あれ? 真っ白でキレイなところがチャームポイントのマーライオンですが、今日はお口の周りが汚れていてガッカリ。(※このあと2月に定期メンテナンスが実施されました)正面から見るとかわいらしい猫顔が特徴です。大きさは、高さ8.6メートルです。

場所:マーライオン公園
最寄り駅:ラッフルズプレイス(Raffles Place)、エスプラネード(Esplanade)

歩いて15秒。2体目の小マーライオン

小マーライオン

ポピュラーマーライオンの後ろに、ひっそり佇んでいるのが小マーライオン。高さ2メートルとのこと。しっかり水を吐いていますね。

番外編:非公式マーライオン

近くのカフェに属している非公式のマーライオン。なんかツルッとしていますね。

 

さあ、ここは既に5回ほど来ているので足早に退散し、3体目のマーライオンを探しにいきます。MRTでオーチャード駅に向かいます。

ラッフルズ駅近くのアート

このような、街中のアートを見ながら歩いて約10分。

ラッフルズ・プレイス駅

ラッフルズ・プレイス(Raffles Place)駅からノースウエストライン(赤)に乗って、オーチャード(Orchard)駅を目指します。

3体目はシンガポール観光庁のマーライオン

オーチャード駅から15分ほど歩いて、シンガポール観光庁(STB: Singapore Tourism Board)を目指します。オーチャード付近は、地上の道路を横断できないところがあるので、出口を間違わないようにしましょう。

と、ここで迷って10分ほどロス。Watanabe Coffee のある Show Hose(伊勢丹スコッツ)側から地上に出ました。

オーチャードロード

オーチャード・ロードを西に向かって進み、ヒルトンホテルの前を通ります。

cuscaden road

普段は歩かない、Cuscaden Road という通りをずんずん進んできます。

シンガポール観光庁

すると、あれは、もしかして?

観光庁のマーライオン

突如現れた3体目のマーライオン。

苔だらけのマーライオン

マーライオン?お髭に苔が生えています。

…細長いですね。

場所:シンガポール観光庁(1 Orchard Spring Ln, Singapore 247729)
見物客:ゼロ
最寄り駅:オーチャード(Orchard)

帰りは、グレンジ・ロード(Grange Road)を通ってMRTのオーチャード駅まで戻ります。(徒歩約15分)

4つめは山の上!マウントフェーバーのマーライオン

サークルライン(黄色)のテロック・ブランガー(Telok Blangah)駅まで行きます。オーチャード(Orchard)駅からドビー・ゴート(Dhoby Ghaut)駅までノースウエストライン(赤)に乗車し、ノースイーストライン(紫)に乗り換え、ハーバーフロント(HarbourFront)駅まで。さらにサークルラインに乗り換えて、1駅目で降ります。

Telok Blangah 駅

テロック・ブランガー駅に着いたら、連絡橋を渡って道路の反対側にまわります。(※ via Overhead Bridge の方に進む。)

ヘンダーソンロード

初めて来ましたが、ここからマウント・フェーバーに向かう人は相当レアなのでしょうか。誰も歩いていません。ヘンダーソンロード(Henderson Road)に沿ってずんずん、坂道を登っていきます。

あ、雨が、、

マウント・フェーバー入り口

雨が降ってきて迷ったのですが、とりあえず、この階段を登ります。自称趣味登山と言っていますが、しばらく山に足を踏み入れていないし、こんなに長い階段を登るのも久しぶり。階段を登り終わると、登山の9割(体感)が完了する高さまで到達します。

大雨

見てください、こんなに雨が強くなってきました。カミナリがピカピカ・ゴロゴロなっているときは、十分に気をつけて引き返してくださいね。

ここで心がくじけて、やっぱり諦めて引き返せばよかったと後悔し、雨宿りをしながらウロウロ。もう、雨なのか汗なのかわからいくらい濡れてきました。

雨が小ぶりになったので散策再開。足元がドロドロで、傘が邪魔で、やっぱり道に迷ってウロウロ。とりあえず、山頂に向かえばよいかと、看板を頼りに進んだり、引き返したり。

急に、シンガポールの歴史を語る壁画に出会いました。そして、上に登る階段を発見。

まさか、あれは・・・!

山の上にマーライオン!!

雨に降られたおかげか、真っ白でキレイです。ちょっとびっくり目ですね。またしても見学客ゼロ。マーライオン独り占め!

このマーライオンがいるマウント・フェーバーの山頂からは、360度、マレーシア、フィリピン、インドネシアの方角を眺めることができます。マウント・フェーバーは、シンガポールで2番めに高い山(?)で標高115メートルです。

場所:マウント・フェーバー山頂(Mount Faber Peak)
見物客:ゼロ

マウントフェーバー駅のケーブルカーに誘惑されながらの下山

さて、気を取り直して下山します。5体目のマーライオンがいるセントーサ島を目指します。

山の反対側に来ると、人が増えてきました。こっち(ハーバーフロント側)から登ったほうが正解だったのか。

疲れてトボトボ歩いていると、目の前にセントーサ行のケーブルカーが!あ、「これでセントーサ行ける…」と誘惑に負けそうになっていると、

あ、あれは、、セントーサのマーライオン!やっぱり行かなくては!

ちなみにケーブルカーの運賃は、往復で33ドル。今なら、セントーサまで歩くと無料で行けるのに。(2017年12月まで)

下りは楽なのでドンドン進みます。

このように整備された山道がハーバーフロント駅まで続いています。

迫力満点!セントーサの巨大マーライオン

Vivo City の3階にあるセントーサ駅からセントーサ・エクスプレスに乗ります。EZ-Linkを持っていれば、チケットを買わずに通過できます。一度改札を通ると戻ってくるまで何度でも乗れます。

マーライオンを見るためには、「インビア駅(Imbiah Station)」まで乗ります。2駅目です。改札を出ると目の前には、、

迫力満点のマーライオン!高さ、なんと38メートル。12ドルで中に入ると、マーライオン誕生物語を見たり、記念コインをもらったり、口や頭の展望台に登ることができます。

勇ましいライオン顔で、私はこのマーライオンがいちばん好きです。セントーサマーライオンの公式Webサイトによると、いろいろ縁起が良いそうです。

この壮観なセントーサ・マーライオンにはうろこが320個あり、それが全部「八卦」の形になっているのは決して偶然ではありません。この八卦は風水ではとても縁起が良いとされています。

場所:セントーサ島内(imbiah駅 下りて目の前)

番外編:「Sentosa Boardwalk 」歩いてセントーサへ渡ろう

Vivo Cityを通り抜けて海側に出ると、セントーサ島へ渡る橋、セントーサ・ボードウォーク(Sentosa Boardwalk)があります。通常、セントーサに行くには入島料として1ドルかかりますが、2017年12月までは無料で渡ることができます。(セントーサ・エクスプレスの料金には入島料が含まれています)

セントーサ・ボードウォークは、2018年12月31日まで無料期間が延長されました。

屋根付きの動く歩道もあるので、雨の日でも歩くのに疲れたときでも大丈夫です。遊歩道の上をセントーサ・エクスプレスが走っています。

営業時間:遊歩道 24時間、動く歩道:7:00〜24:00

所要時間は約15分。のんびり歩いている人もたくさんいます。セントーサ・エクスプレスは、混雑時の待ち時間は15分以上になることもあるので、歩いてみるのもいいですね。

2日目:7つめのマーライオンを巡る旅

と、こんなに頑張ったのに、実はあと2体いたという事実。全制覇するために、日を改めて再出発。双子のマーライオン像を目指します。

ノースウエストライン(赤)のアンモキオ(Ang Mo Kio)駅までMRTで向かいます。

駅を出ると、AMK Hub というショッピングモールがあります。

アンモキオ・アベニューを目指して、南方向に進んできます。アンモキオは巨大なHDB(公団住宅)が立ち並ぶシンガポール有数のベッドタウン。HDBの駐車場入り口の守り神になっているというマーライオンを探します。

他の地域ではあまり見かけない自転車専用道路がありました。

このHDBが見えたら、アンモキオ・アベニューを西に向かって進みます。駅からおよそ13分。

あれは、、

双子の!

マーライオン!!
確かに駐車場へと続く道路の脇に、まるでシーサーのようにペアで立っています。

お約束の口に苔。

正面はこんな感じ。

逆の角度から。

これで7つのマーライオンを制覇です!頑張れば半日で廻れますが、MRT駅から遠い場所もあるので、バスや地下鉄を上手く利用すると早く、楽に到達できます。

場所:Ang Mo Kio Ave 1、Blk 220 のバス停の側
見物客:ゼロ

おまけのマーライオン

セントーサのマーライオン。チャイニーズニューイヤーバージョン。

近所のスーパーマーケットにて(水吐いています)

i light marina bay 2017

i light marina bay でライトアップされたマーライオン。

【感想】全て制覇できて感無量です。が、観光庁やアンモキオのマーライオンは、一度見れば十分ですね。多くても年に一回でOK!


Eメール購読

Singapore S Journal の新着記事やシンガポールのお得な情報をメールで配信します