Trip

MRTラッフルズプレイス駅からマーライオンへの行き方

いよいよ日本では、前代未聞のGW10連休がスタートしますね。シンガポールを訪問する旅行客も増加するでしょう。シンガポール在住の方にとっては、アテンドとしてシンガポールの観光地を案内する機会が増えるかもしれません。

観光でマーライオンを訪れるときは、大抵の人はタクシーを使うでしょう。大型バスによるツアーに参加する場合は、エスプラネード公園で下車をし、10分ほど歩いてマーライオン・パークまで向かいます。

MRTを利用する場合の最寄り駅はラッフルズ・プレイス駅(East West Line / North South Line)です。もしくは、エスプラネード駅(Circle Line)からも歩いて行くことができます。

少し分かりづらいラッフル・プレイス駅からマーライオンパークまでの行き方をご案内します。

ラッフルズ・プレイス駅の改札を出たら出口Hへと向かいます。Google Map の情報によると約500メートル、徒歩6分の道のりです。

出口Hは外側からはこのように見えます。向かって左方向に進み、

バッテリーロード(Battery Rd)に出たら左方向に進みます。

しばらく道なりに歩いていくと、

正面にマリーナベイサンズ、左手にフラトンホテル(The Fullerton Hotels)が見えてきます。

左手に壮大なフラトンホテルを眺めながら、次の突きあたりを左に曲がります。

フラトン・ロード(Fullerton Rd)に出るので、そのまま真っすぐ進みます。

 

フラトン・ロードのバス停には、こんなに数多くのバスが停まります。バスに乗りなれている方やこの番号のバスを使う方は、バスで来ると便利です。

少し進んだところにある交差点で右方向に道路を横断します。

マリーナベイサンズが見える方向に進んでいけば間違いありません。

信号を渡って左方向に進むと、下に降りる階段が見えます。この階段を降りて右方向には、マーライオンが!

※写真はイメージです

地下を通ると日差しを避けられますが、歩く距離は地上のほうが短いです。やっとたどり着いたマーライオンですが、残念ながら、2019年は長期間のメンテナンスを行っており、2月22日から5月6日まですっぽりと覆いと足場に隠れてしまっています。

「がっかり三大観光名所」という不名誉な呼び方をされるマーライオンですが、せっかくシンガポールに来たときに見られないのはもっと残念。覆いをかぶった姿はレアですが、やっぱり姿を見たいですよね。ちょうど日本のGWとメンテナンスの最終日が一緒なんて!

どうしてもマーライオンが見たい、という方は、シンガポールに点在する他の6体のマーライオンを探しに行ってはいかがでしょうか。


Eメール購読

Singapore S Journal の新着記事やシンガポールのお得な情報をメールで配信します