Event, Life Style

5色の糸が織り成すアート、糸かけ曼荼羅ワークショップ体験レポート

「曼荼羅アートセラピーでリラックスと集中力アップの効果を得る」の記事で紹介された、糸かけ曼荼羅のワークショップに参加してきました。

講師は、このワークショップのために日本から来星した UN1QUE COLLECTION の吉川あい子さん、主催は、Kizuki Yoga & Ayurveda さんでした。

MRT ダウンタウンラインの Sixth Avenue 駅から5分ほど歩いたところの Horse City 内にある Om Shiva Yoga のスタジオで開催されました。

Horse City というだけあって、乗馬教室があるようです。

以前に厩だった建物が通りにずらりと並び、その中の一つが今回の会場です。

天井の高い、広々としたスタジオです。曼荼羅ワークショップは、穏やかでアットホームな雰囲気のなかで行われました。

こちらが、今回のマンダラアートの完成見本です。32本のピンと5色の糸を使います。難しそうだけど、手先が不器用な私にもできるかな、綺麗な模様ができるかなと、と始まる前からドキドキ。あい子先生は、日本語・英語で丁寧に曼荼羅アートの成り立ちや、そもそも「曼荼羅とは」などを説明してくれました。

個性?心の状態?が表れる、5色の糸を選ぶ

まずは、40色の糸の中から5つの糸を選びます。色には意味があるし、仕上がりはグラデーションの方がきれいかな、どういう配色がきれいかな、と悩み始めると時間がかかってきりがありません。30分ほどかけて色を選ぶ方もいるそうです。

直感で好きな色を選びました。でも、隣にいた方の「白っぽい色が入ると綺麗だよね」という言葉を参考に(惑わされ)、1色は白っぽい色にしました。

5色の糸を選びましたが、どういう順番で使用するかというのも重要です。でも、初めてだから仕上がりのイメージが上手く描けず、、、並び順も直感に従って決めました。

参加者は20名ほどいましたが、1つめの色は誰もかぶらず!それぞれが異なる色を選びました。

集中して、釘を円形に打っていく

用意されているものは、板と釘とカナヅチ。円になるように釘を打つところから始めます。

難しそうな工程ですが、今回はあらかじめ32個の印がつけてありました。一安心。

コツは、まず32本を軽く打っていき、徐々に高さを合わせていくことです。

深すぎず、浅すぎず、32本が同じ高さになるように調整します。浅すぎると、糸を掛ける工程でぐらついて安定が悪くなってしまいます。

釘がどうしても曲がってしまいます。もちろん、真っ直ぐであることが望ましいのですが、曲がっていても高さが多少ズレていても、真上から見たときにきれいな円ができていること、釘と釘の間が等間隔であることが重要で、作品の仕上がりに影響を与えるということです。

32本の釘に5色の糸を順にかけていく

打ち終わった32本の釘に糸をかけていきます。1本目は、起点をゼロとして右に15個目の釘に糸をかけます。そして、その釘からまた15を数えて糸をかけます。15、15と繰り返すと不思議なことに、全部の釘に糸がかかって、起点に戻ってきます。

1つ目の糸がかけ終わったところです。最後に糸を3回結びます。糸はピンと張るようにかけますが、力が強すぎて糸が切れてしまわないように、結ぶときにたるんでしまわないように、最後まで気が抜けません。

2本目の糸は、1本めと要領は同じですが、今度は起点から右に13個めの釘に糸をかけていきます。半分ほどかけると法則が見えてきて、毎回13を数えなくても次の釘の場所がわかってきます。ただし、集中しないと間違えてしまいます。

3つ目の糸がかけ終わったところです。3つ目の糸は起点から右に11個ずつかけていきます。

4つ目の糸は、起点から数えて9つ目の釘にかけます。糸が増えるごとに、糸を掛ける数字は、15、13、11、9と減っていきます。

5つ目の糸は、7つごとにかけました。これで糸かけの工程は完了です。横から見たときに、1本めの糸は板にくっつくように、5本目の糸は釘の頭の位置にくるように等間隔に糸の高さをそろえると、作品に立体感がでてきます。最後に先生に糸の処理をしていただき完成です!

別の方の作品です。糸の色が違うと、全く雰囲気が異なる作品になります。明るい糸の組み合わせがきれいですね。

数を数えて糸をかけていくと、曼荼羅の模様ができあがります。複雑そうに見える模様を作ることは、思ったよりも難しくありませんでした。糸がたるまないように糸を結んだり、糸の張り、糸の高さを意識して一本一本丁寧に糸をかけていくことは簡単ではありません。じっくり集中して取り組む、よい体験となりました。

関連記事

曼荼羅や色の意味合いなどについて解説した記事です。

曼荼羅アートセラピーでリラックスと集中力アップの効果を得る


Eメール購読

Singapore S Journal の新着記事やシンガポールのお得な情報をメールで配信します