Blue Beauties
Event, Trip

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイが5周年、青と紫の花が幻想的な「Blue Beauties」を開催

シンガポールのガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)のフラワードームでは、開園5周年を記念して、2017年5月19日(金)から6月30日(金)まで「BLUE BEAUTIES」 が開催されています。先日まで赤・黄色・ピンクのチューリップが満開だったエリアは、青や紫の花で埋め尽くされ幻想的な雰囲気に一変していました。

あわせて読みたい関連記事

フランスの庭園をイメージした園内

「BLUE BEAUTIES」 は、フランスの庭園をテーマに造られています。こんなに青系の花だけが咲いているのは、計画され造り込まれた庭園ならでは。

フラワードームの気温は冷房で23〜25度に保たれていますが、落ち着いた紫の花々でよりいっそう涼しく感じます。

青紫の色が緑に映えるヒヤシンス。ヒヤシンスは黄色やピンクなど彩り豊かな色が揃っている花ですが、今回は紫だけ。

可憐な花が愛らしいビオラの花は、紫というより青に近い色でした。フラワーエリアに入る直前に少しだけ咲いているのでお見逃しなく!

シンガポールで紫陽花を観賞できるなんて!

土壌の成分で紫陽花の色が変わることは知られていますが、青色になるのは酸性と言われています。

こちらはリンドウの花です。まだツボミも多いですね。

青と紫と水色のグラデーションが美しいアレンジメント。

ルピナス。日本(北海道)でよく見る巨大ルピナスと違って、小さく華奢なルピナスです。

園内の説明を見落としてしまって、後から調べたこの花はベルフラワー(オトメギキョウ)のようです。芝桜のように見えますが、横から見るとベルのように花弁が膨らんでいます。

名前はわかりませんが、淡い紫のとても小さなお花です。

これはペチュニアでしょうか。カラーバリエーションが豊富な種類の花が青系で集められると、印象が大きく変わりますね。

リモニウム。日本ではドライフラワーとしてよく目にする花で、スターチスという名で知られています。

アクイレギア、別名セイヨウオダマキという花です。

いろいろな種類の花が寄せ集められて咲いています。

紫、水色、黄色、黄緑、緑。この配色はとてもきれいです。

アガパンサスという淡い紫色のこの花は、よくユリに間違えられるそうです。日本名は紫クンシラン。

青と紫が印象的。(名前がわかりません)

この手前に咲いている淡い花は、ツツジなんです。

日本だと垣根のように植えられていることが多いので印象が違いますね。

濃い青色が心を落ち着かせます。デルフィニウムという花で、名前はドルフィン(イルカ)が由来です。

今回は、頑張ってなるべく花の名前を控えたり調べたりしました。知っている花でも色が異なると印象が変わりますね。ぜひ、癒しの空間に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ開園5周年を記念して、6月3日(土)と4日(日)は、スーパーツリーグローブで特別なパフォーマンスがあります。その他、様々な催し物も予定されています。
Gardens Turns 5 のページでチェック

GARDENS EXTRAVAGANZA SPECIAL

スーパツリーグローブのガーデンズラプソディも、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの5周年を記念してスペシャルバージョンで開催されています。

GARDENS EXTRAVAGANZA SPECIAL

6月3日(土)と4日(日)は、ダンサーと空中パフォーマーによる演出がありました。

GARDENS EXTRAVAGANZA SPECIAL

フィナーレは花火で会場の熱気も最高潮に達しました。

GARDENS EXTRAVAGANZA SPECIAL

Gardens  Extravaganza は、6月5日(月)から30日(金)まで午後7時45分と午後8時45分の1日2回開催されます。

GARDENS EXTRAVAGANZA SPECIAL

ドローン30台で夜空に「スマイル」を描き、来場者をお見送り。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイへの行き方

場所:18 Marina Gardens Drive
最寄り駅:MRT ダウンタウンライン(青)またはサークルライン(黄)のベイフロント(Bayfront)駅
Webサイト:http://www.gardensbythebay.com.sg/

入場料

ローカルレジデント(フラワードーム または クラウドフォレスト)
大人:12ドル、シニア(60歳以上):8ドル、子ども(3−12歳):8ドル

ローカルレジデント(フラワードームとクラウドフォレストの両方)
大人:20ドル、シニア(60歳以上):15ドル、子ども(3−12歳):12ドル

一般(フラワードームとクラウドフォレストの両方)
大人:28ドル、子ども(3−12歳):15ドル

OCBC スカイウェイ 大人:8ドル、子ども(3−12歳):5ドル

\ 旅行者向け!お得なチケット割引情報 /

フラワードームとクラウドフォレストの両方に入場できるチケットが、OCBCスカイウェイ付きで、Voyaginのサイトから34%割引で購入できます。
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの34%割引チケット購入サイトへ

※ローカルレジデント(パス保持者)は、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの正規料金でローカルレジデンスの料金(約25%割引) が適用されます。現地チケットセンターまたは公式Webサイトで購入できます。

営業時間

ドームとスカイウェイ:午前9時〜午後9時(最終チケット販売は20時まで、最終入場は20時半)

アウトドア・ガーデン:午前5時〜午前2時

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの関連記事


Eメール購読

Singapore S Journal の新着記事やシンガポールのお得な情報をメールで配信します