ココナッツ
Food

食べても飲んでも塗ってもよし!「ココナッツ」は女性の強い味方!

南国のイメージにはつきもののヤシの木。その実である「ココナッツ」は、シンガポールをはじめ東南アジアでは当たり前のように口にする食べ物のひとつです。みなさんも、お気に入りのココナッツフードがあるのではないでしょうか。そんなココナッツの栄養や効能もぜひ知っておきたいですね。

ココナッツは、約1億2000年前から生育し、東南アジアやポリネシア地方一帯で年中収穫できる植物です。ココナッツジュース、ミルク、そしてオイルなど、用途は多岐に渡り、古くから人々にさまざまな形で利用されてきました。食べ物だけでなく洗剤や木材、工業製品などにも加工され、暮らしにとても役に立つ植物であることから、別名「生命の木」とも呼ばれています。

ココナッツの主な成分と用途

img_coconut_01-03

ココナッツの主な成分は脂肪。果実内は透明な液状胚乳と乳白色の固形胚乳に分かれ、甘みのある液状胚乳をココナッツジュースとして飲用します。シンガポールでは果実にストローをさしてジュースを飲む人の姿をホーカーなどでよく目にすることもありますよね。未熟果の固形胚乳は柔らかく、スプーンで削ってジュースと一緒に食べるのも人気の食べ方の一つ。ただし、おいしいココナッツに当たるのは運もあるのだとか。完熟すると硬くなり胚乳は生では食べられなくなりますが、削って水と砂糖と一緒に煮て布などでこすと「ココナッツミルク」になります。ココナッツミルクは缶詰や紙パックに入ってスーパーなどで簡単に手に入れることができ、家庭でもさまざまな料理やお菓子作りに使用できます。また、乾燥させそこから抽出精製された油を「ココナッツオイル」といい、オリーブオイルと同様にトランス脂肪酸を含まず、健康に良いとされ注目を集めています。

ココナッツの主な栄養価とその効能

ココナッツには、次のような栄養価が含まれており、体に良いさまざまな効能があります。

ミネラル類

  • カリウム:余分な塩分を体外に排出し、高血圧を防ぐ。むくみをとる。
  • マグネシウム:副腎皮質の機能を助け、筋肉疲労を和らげる。抗ストレスホルモンとして、リラックス効果も。
  • 鉄分:貧血予防になり、女性の味方。

ビタミン

葉酸が含まれ、鉄分と合わせて貧血に良い。保湿効果もあり。

食物繊維

排便を助ける働きがあり、体内の老廃物やコレストロールを体外に排出してくれる働きがある。動脈硬化や生活習慣病の予防にもつながる。

ココナッツオイルは食べても飲んでも塗ってもよし!

img_coconut_03

「ココナッツが身体にいいのはわかるけど、どうしてもあのジュースやミルクの味は苦手」という方も少なくないはず。そんな方にオススメなのが「ココナッツオイル」です。
ココナッツオイルは栄養価が高く、身体に良いので実は「機能性食品」として分類されていることをご存じでしたか?他の油に比べてカロリーが低く、天然の中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。中鎖脂肪酸は、消化吸収が速く、効率よくエネルギーに変わるため、体内に蓄積されにくいのです。ココナッツには老廃物を排出しやすくする効果があることから、便秘改善にもつながります。

つまり、ココナッツオイルは「太りにくくてダイエット効果のあるオイル」で、ビタミンEも多く含むため抗酸化作用もあり、お肌の酸化を防いでアンチエイジング効果も期待できます。このことからたくさんのモデルや有名人がココナッツオイルをスキンケアとして愛用したり、身体のために愛飲したりしている人も多いとか。

さらに、最近の研究から、ココナッツオイルが脳神経の活性化を促す「ケトン体」を多く含むことから、「アルツハイマー症候群」にも効果があることが分かったという発表もされています。
せっかく使うならオーガニックのココナッツオイルを選ぶことがポイント。普段料理で使っているオイルを天然由来のココナッツオイルに変えたり、夜寝る前の肌のお手入れに使ったりするのはいかかでしょうか。

シンガポールならでは!ココナッツ入りの食べ物

シンガポールのココナッツフードをご紹介。まだチャレンジしたことのない方は、ぜひお試しください。

ラクサ

ラクサ
ココナッツと香辛料のスープが効いたヌードルディッシュ。ココナッツフードの代表格ですね。

カヤトースト(カヤジャム)

Ian Lowさん(@thesilverchef)が投稿した写真

卵の黄身とココナッツミルクを混ぜ合わせて作ったジャム。ヤクン・トーストが有名です。

ボボチャチャ(Bobochacha)

ココナッツミルクの中にヤムイモやタピオカが入った甘いスイーツ。

ナシレマ(Nasi Lemak)

ナシレマ
ライスに揚げたチキンがのったマレー代表のフード。ライスをココナッツミルクで炊いています。

クエトゥトゥ


乾燥した甘いココナッツ(またはピーナッツや砂糖)を米粉でくるんだお菓子。ショッピングモールなどのスーパー近くでその場で作ったものを販売していることが多いです。

この他にもまだまだたくさんココナッツが使われたおいしいシンガポール料理があります。シンガポールにいる間に、たくさんチャレンジしてみてくださいね。ただし、もちろん食べ過ぎや使いすぎは禁物です。

※注意
食物アレルギーをお持ちの方は、食品によっては健康を損ねる可能性もあります。口に入れる前に食品表示を十分に確認することをおすすめします。

編集部のおすすめ

328 Katong Laksa」 (53 East Coast Road)
カトン地区にあるイーストコースト店をメインに、シンガポール国内に5店舗を展開するラクサ専門店。「カトン・ラクサ」が食べられるこの店はシンガポールで最も有名なラクサのお店の一つ。濃厚なココナッツミルク入りのスープと米粉の麺とがよく絡み、香辛料が程よく効いて、やみつきになる味。


Eメール購読

Singapore S Journal の新着記事やシンガポールのお得な情報をメールで配信します