Car Free Sunday in Singapore
Event, Life Style

Car-Free Sundayでレンタサイクル!シンガポールのシティエリアを自転車で駆け抜ける

7月にシンガポールで開催されたカーフリーサンデー(Car-Free Sunday)に行ってきました!カーフリーサンデーは、最終日曜日、午前8時から正午まで行われています(※毎月ではありません。実施日は公式Facebookページで確認を)。歩行者天国のように車を通行禁止にしたエリアで、ウォーキング、ランニング、サイクリング、エクササイズを楽しめます。路上パフォーマンスは少なく、フィットネスを重視したイベントです。

Car Free Sunday Singapore

ナショナル・ギャラリー周辺を中心にブースが出展され、たくさんの人で賑わっていました。次のエリアで実施されています。

カーフリーサンデーのエリア

  • CBD エリア(Central Business District)
    – Robinson Road(ロビンソンロード)
    – Cecil Street(セシルストリート)
  • Telok Ayer(テロックエア エリア)
  • Civic District(シビックディストリクト)
    – Esplanade Drive(エスプラネードドライブ)
    – Stamford Road(スタンフォードロード)
    – St Andrew’s Road(セントアンドリューズロード)
    – Connaught Drive(コノートドライブ)
    – Fullerton Road(フラトンロード)

豊富な種類の「電動乗り物/PMDs」に遭遇

颯爽と駆け抜ける自転車で、本格的なサイクリングを楽しんでいる人も多いのですが、その他にも「猛スピード」の乗り物に多数遭遇。最近シンガポールで見かけるさまざまな電動の乗り物が集まってきていました。

※PMDs … Personal Mobility Devices。自転車、キックスケーター、ホバーボードなど、電動/非電動の個人用乗り物。重さ、スピード、サイズによって走行できる場所が決まっています。

電動一輪車。セグウェイのように体の重心移動で乗りこなすらしいのですが、セグウェイと違ってハンドルもなく難しそう。なんと、本物の一輪車に乗っている人もいました。

三輪の「自転車タクシー」Trishaw Rides は、カーフリーのエリアを一周してくれます。

電動スケートボード。写真では普通のスケートボードに見えますが、猛スピードで走行しています。かの名探偵を思い起こさせます。

電動キックボードや電動一輪車などは、レンタルすることもできます。

電動スクーター。こちらも試し乗りをすることが可能。これは、初めて見る乗り物でした。

すっかりシンガポールでお馴染みとなったサイクルシェアの ofo、oBike、Mobike も並んでブースを展開。30分無料の試し乗りができるとあって、ほぼ全ての自転車が出払っていました。

というわけで、ここで自転車をレンタルしました。レンタル料は、1時間9ドル。自転車の種類によって金額は異なります。借りたい自転車を選び、受付へ。前金を払い、IDを預けたら手続きは完了です。

オフィス街を自転車で駆け抜けてきました

自転車でオフィス街へ向かいます。車が優位のシンガポールで、のびのびと車道を走ることができるのは気持ちがいい!道は混んでいませんが、競技なみのスピードで走っているサイクリストや電動スクーターを乗りこなす人、自転車に慣れていない人、親子連れなど、いろいろなスピードで走る人が混じっているので注意が必要です。

マリーナ・ベイ・サンズを横目に走る!エスプラネード橋は日射しが強かったです。

もちろん、歩いている人、走っている人もいるので気をつけましょう。交通整理をしている案内人の指示に従って走行します。

オフィス街。平日の街並みとは雰囲気がガラリと変わります。

タンジョンパガー駅の直前でカーフリーのエリアは終了。

ロビンソンロードを戻っていきます。

テロックエアエリアに突入。

このあたりは、自転車も人も少なくてガラガラ。時間によっては、バンド演奏が楽しめます。

CBDとテロックエアの探索を終え、シビックディストリクトにもどります。

暑くて汗だくになる一方、自転車の風も気持ち良く。

エスプラネードの「ドリアン」屋根も見えてきました。ERPもスイスイ。

Victoria Concert Hall の前を通って、エリアを一周。予想以上に楽しい時間となりました。

サービスブースの人気はポカリスエットとミロトラック

ポカリスエットのブースは2箇所。無料でドリンクをもらえます。真似はできませんが、マイボトルにポカリスエットを注いでもらっている強者の姿も。

タイミングによっては、こんなに混み合います。

向かいには 100 PLUS のブースも。

いつでも、どこでも、大人気のミロトラック。シンガポールでは「マイロ」といいます。予想より早く在庫がなくなったときは、終了時間前に撤退するのでお早めに。

トラックのシャッターを開けると、、蛇口からマイロがでてきます。

アウトドヨガにワークアウトも。アクティビティ紹介

ロビンソンロードで行われていたフィットネスのワークアウト。

Victoria Concert Hall の前では、ヨガやストレッチのワークアウトが開かれていました。

「ActiveSG Kids Imagination Playground」のエリアでは、子どもがボールなどを使ったスポーツで楽しんでいました。

サッカーエリア。隣にはテニスコートも。

子どもが遊べるアスレチック遊戯も登場。暑い中、夢中で遊んでいました。

次回は、2017年10月29日8時から!

天気の良い日は日射しが強く暑いので、日焼け対策と水分補給をお忘れなく!無料のドリンク配布も有り難いですが、思ったより水分補給ができるポイントは少ないのでご注意を。

公式サイト:https://www.ura.gov.sg/ms/CarFreeZones/Events/Car-Free-Sunday/
Facebookページ:https://www.facebook.com/carfreesundaysg/


Eメール購読

Singapore S Journal の新着記事やシンガポールのお得な情報をメールで配信します