Culture, Event, PR

【アートイベント】来場者を魅了する、古野幸治氏のロイヤルブルーの陶器たち

2017年3月4日から14日まで、フォートカニングパークのアートギャラリー That Spare Room にて、古野幸治 個展 『青のインスピレーション』が開催されています。シンガポール在住の日本人にはおなじみの明治屋があるリャンコートの通りを挟んだ向かい側、カフェ Fabulous Baker Boy の奥が会場です。

リャンコートからは歩道橋を渡り、

フォートカニングパークの中を進んでいきます。

左手にカフェが見えてきて、すぐ隣に会場があります。

古野幸治 個展 『青のインスピレーション』

3月3日に開催されたレセプションにお邪魔してきました。今回、展示されているのは近年の古野氏の作品を代表する、「ロイヤルブルーシリーズ」を中心とした20点ほど。その中の一部をご紹介します。

この皿は、古野氏がロイヤルブルーシリーズに取り掛かる前の作品で、八朔(はっさく)を燃やした灰から作成した釉薬を使用しています。灰の灰汁(あく)を抜くには最低5年、10年以上の時間をかけることもあるそうです。灰汁の抜けた釉薬を用いたことで、透きとおったビードロのある作品に仕上がりました。長い年月をかけて自然が織り成した美しい色合いです。

天然の草木を燃やした灰から作る釉薬は、元の素材によって異なる風合いを作り出します。八朔の他にも、大豆やおた福豆を使った作品が並べて展示されていました。

ロイヤルブルーシリーズの他には、このような金彩釉の壷や赤く艶のある花器などが展示されています。

ギャラリーに入って真っ先に目を引く、青のグラデーションが美しい大皿。大海とそこに浮かぶ島のようにも見え、大自然がこの中に凝縮されているようです。

釉はシリカやアルミナなどから成り、高温で溶けることでガラス質に変化し、安定した効果の高い表面被覆が施されます。古野氏は金属酸化物などを釉に添加することで、幅広い青を表現し、独自の作風「ロイヤルブルー」シリーズを焼成しています。(展示会場の説明パネルより)

釜の中で釉薬が溶けることによってできるグラデーションは、仕上がりを予想して釉薬をかけても、実際には焼きあがるまでどのように色が重なり合うかはわからないそうです。2つと同じ作品を作ることはできません。

シンガポール人の女性の方は、「この青いお皿が一番好きです。大きな作品はどのように形づくるのかしら」と興味深く鑑賞していました。

レセプションに来ていたシンガポール人の男性が熱心に見ていた作品です。2色の釉薬が織りなす、大胆なグラデーションと色の重なり合いがとても美しく目を奪われます。

高さ 50cmの碧黄釉壺。私が一番好きな作品です。写真では伝わりにくいのですが、ロイヤルブルーシリーズはマットな質感をしています。古野氏は、「この青い色は他の人には出すことができない調合をしているんだよ。それは企業秘密ですけどね」と説明します。

このような小さなサイズのぐい呑でも、同じ模様のものは二つとできません。自身の意にかなう青色を追求する過程では、配合を少しずつ変えた釉薬を何個も用意して何度も試していくそうです。

作品を眺めていると、古野氏が一つひとつの作品を手に取りながら熱く解説してくれました。陶芸の経験のある方による、大型の作品の作り方や釉薬についての質問にも丁寧に答えていました。どの作品にもそれぞれの特徴と味わいがあり、先生の愛情を感じることができます。

古野氏本人の作品ツアーのほか、主催の Together-Gether による作品解説、隣のカフェで寛ぎながらの座談会など、会期中にいくつかのイベントが企画されています。お近くに起こしの際には足を運んで、独特で幻想的な作品を鑑賞しませんか。アットフォームな雰囲気で楽しめます。

> イベントの詳細ページ

古野幸治「青のインスピレーション」個展詳細

会場: That Spare Room by The Fabulous Baker Boy, 70 River Valley Road, Singapore 179037

会期: 2017年3月4日 ~ 2017年3月14日

開場時間:
火〜木曜日: 午前11時~午後10時
金〜土曜日: 午前11時~午後11時
日曜日: 午前10時~午後5時
※月曜定休日

入場料:無料

Webサイト:
http://www.togethergether.sg/exhibitions

主催:Together-Gether
ベニュースポンサー:That Spare Room

本個展に関する問い合わせ先:
Nurdiana Rahmat Jinnai
Director, Together-Gether Singapore
Tel: +65 97809165
Email: diana@togethergether.sg

関連記事

陶芸家 古野幸治氏 「青のインスピレーション」シンガポールで個展を開催

陶芸家 古野幸治さんとシンガポールの陶芸工房を訪ねる


Eメール購読

Singapore S Journal の新着記事やシンガポールのお得な情報をメールで配信します